• ホーム
  • EDの薬「レビトラ」の効果と副作用

EDの薬「レビトラ」の効果と副作用

2020年03月03日
薬を飲んでいる男性

レビトラは男性器の勃起障害、いわゆるED治療薬として世界中で利用されている薬です。
PDE-5の作用を阻害することができる薬で、男性器の勃起をサポートする効果があります。
レビトラは非常に即効性のある薬で、早い人だと20分ぐらいで効果が現れるでしょう。
早く効く薬の中には持続時間が短いのものもありますが、レビトラの場合持続時間がやや長めになっていて5時間~10時間程度です。

服用する容量により持続時間が変わり、通常10mgか20mgで服用することが多いですが、10mgの場合5時間~6時間、20mgの場合8時間~10時間と言われています。
効果を発揮するまでの時間は体質やその日の状態にも左右されますがだいたいこの時間で効果を実感することができるでしょう。
10mgと比較すると20mgは持続時間が長く、より長い時間効果持続したいなら20mgがおすすめです。
効果が強くなる分副作用も強く出る可能性があるので注意しましょう。

レビトラには重篤な副作用はありませんが、比較的軽度なものはいくつかあります。
例えば顔のほてりや目の充血などがあります。
他には頭痛や動機・鼻づまりなどがあり、特に顔のほてりなどは現れやすい副作用と言えます。

軽度の副作用はレビトラが持つ血管拡張作用により引き起こされていて、副作用というと心配しますがこれらは人体にあまり影響を与えるものではないので心配不要です。
次第に症状は緩和されますが酷い場合は医師に相談すると良いでしょう。
適切な飲み方を行うことによって効率的に薬が持つ効果を実感することができます。

インターネットにある個人輸入代行サイトを利用すると比較的リーズナブルな価格で購入することができるので便利です。
一般的にプライベート梱包によって郵送されてくるので、家族や周囲の人・配送業者などに気付かれずに注文することができます。
薬剤サイトによってはお得なセットやキャンペーンがあるのでさらにコストを下げることが可能です。

レビトラの効果の特徴や価格の相場

レビトラを服用すると短い時間で強力にペニスを勃起させることができます。
有効成分のバルデナフィルには食事の影響を受けにくいという特徴がありますが、空腹時に水かぬるま湯で服用するのが基本です。
服用後約20分でペニスが勃起するようになり、約45分で血中濃度が最大となります。
血中濃度の高まりに合わせて性行為の1時間前に服用するのが理想的な飲み方です。
レビトラには5mgと10mg、20mgの錠剤がありますが、病院でのED治療には効果が強い10mgか20mgが主に使用されています。

病院でレビトラを処方してもらう場合の価格の相場は、10mgが1錠あたり約1500円で20mgは約1800円です。
さらに診察料などが必要なので、全ての費用を合わせると1錠あたり約3000円になります。
レビトラは海外から個人輸入することもできます。

個人輸入する場合の価格の相場は、10mgも20mgも1錠あたり約1400円です。
インターネット上には医薬品の個人輸入を代行するサイトが多数存在します。
20mgの錠剤はまとめ買いすると価格を安くできます。

病院でレビトラを処方してもらう場合は、自由診療なので高額な費用が必要です。
海外からレビトラを個人輸入すれば、費用を大幅に抑えることができます。
レビトラの有効成分であるバルデナフィルは即効性が大きな特徴です。

空腹時に服用すれば20分ほどで効果を実感できます。
一方副作用も現れやすく、服用した人の9割以上に軽い顔のほてりや目の充血などが見られます。
病院で処方してもらうものも、海外から個人輸入するものも同じものなので、効果や副作用などは同様です。

レビトラには硝酸剤など併用できない医薬品が存在します。
また脳や心臓などに重い障害がある場合も服用できません。
健康上の問題がある場合は医師に相談する必要がありますが、そうでない場合は海外から個人輸入すれば費用を抑えてED治療ができます。