• ホーム
  • EDの薬「バイアグラ」の効果と副作用

EDの薬「バイアグラ」の効果と副作用

2020年03月23日

EDの治療薬として一世を風靡したバイアグラは、世界中の悩める男性たちから支持されて根強い人気を誇っています。
そんなバイアグラは勃起を抑制してしまう酵素の働きを阻害するシルデナフィルという成分が入っており、陰茎に流れる血流をアップさせて勃起力を向上させます。
そのため勃起不全で悩んでいる人の改善効果が実感できるのです。

バイアグラの効果を実感するためには正しい飲み方を守ることが大切です。
性行為のタイミングを計ることはなかなか難しいですが、空腹のときと性行為の一時間前に服用するのが正しい飲み方となります。
そのため性行為をするタイミングがある程度予測できるときには時間に余裕を持って服用するようにしましょう。

薬を飲むときに空腹時を避けるケースは多いです。
バイアグラの場合は胃や腸内に食べ物があると体内に有効成分が取り込みにくいという特徴があるため、胃の中が空っぽの時を見計らって飲みましょう。

バイアグラはめまいや顔のほてりなどの副作用が報告されています。
これは服用後に血行が良くなることが影響しています。
その結果、血圧が低下してしまうため持病を抱えている人はバイアグラの副作用に注意しながら利用することが大切です。
ED専門クリニックや泌尿器科を受診して医師にバイアグラを処方してもらうときには、既往歴や持病の有無を正しく報告しましょう。

正しい飲み方でバイアグラを利用し、副作用についての知識をきちんと身に着けていればED治療に素晴らしい効果を期待できるため、勃起に関する悩みを抱えている人は条項打破のために利用してみることをおすすめします。
年齢が高齢になると体にかかる負担も懸念されるため、自分の体力と相談しつつ用いることも大切です。

年齢や体質に負けず、いつまでも若々しい勃起力を維持したいと考えている男性は、ED治療薬バイアグラを病院で処方してもらうと良いでしょう。
価格と相談しながら上手に活用するのがポイントです。

バイアグラの効果の特徴や価格の相場

バイアグラは空腹時に服用すると約30分で効果が現れます。
即効性があり短時間でペニスを勃起させることができますが、副作用が発症しやすいという特徴も存在します。
バイアグラの副作用にはめまいや頭痛、顔のほてり、目の充血、動悸、鼻づまりなどがあります。
副作用はいずれも軽いため、基本的に問題はありません。
ただし硝酸剤や塩酸アミオダロン製剤、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬は血圧を過度に低下させるので併用が禁止されています。

バイアグラには血管を拡張して血流を促進する効果があります。
海綿体への血流が増えてペニスが勃起します。
血管が拡張されると血圧が低下するため、心臓や脳などに重度の障害がある場合は服用できません。
高血圧や低血圧の場合は、病院で適切な治療が行われていれば服用できます。

バイアグラには25mgと50mg、100mgの錠剤があります。効果の持続時間はいずれも約5時間です。
100mgは日本国内で未承認なので、使用する場合には個人輸入手続が必要になります。

バイアグラは用量が多いほどペニスを勃起させる強い効果を得ることができます。
血中濃度は服用後約1時間で最大となるため、性行為の1時間前に水かぬるま湯で服用するのが基本的な飲み方です。
ED専門クリニックや泌尿器科で処方してもらう場合の1錠あたりの価格は、25mgが約1300円で50mgは約1500円になります。
その他に診察料なども必要です。
海外から個人輸入する場合は50mgが1錠あたり約1350円で、100mgは約1450円とされます。

バイアグラは病院で処方してもらうこともできますが、海外から個人輸入することも可能です。
個人輸入代行サイトではバイアグラをまとめ買いするとさらに価格が下がります。
50mgを7箱購入すると1錠あたりの価格は約1200円です。100mgを7箱購入した場合は1錠あたり約1300円になります。
海外から50mgや100mgの錠剤を個人輸入すれば、費用を抑えてEDの治療ができます。